Voice

 Digi-Tec ECU Tuningをインストールされた方々から送って頂いたインプレッションを一部ご紹介いたします。

既に施工された方でご感想をお送り頂ける場合はこちらからお送りください。

只今、Voiceに投稿された方に20周年記念Tシャツを進呈しております。

Ver.2024

以前のVoiceはこちらをご覧ください。

Mercedes Benz W204 C63AMG(S様)
デジテックのコンピューターチューンの凄さには驚きました。トルクが太くなり乗りやすくなったことと、いざ踏めばどこまでも伸びるパワー。車好きにはたまらないチューニングです。もう一台アバルトもやろうかと思っています。

Porsche 993 Carrera  S(Y様)
993は古い車と言うこともあり、今時のスポーツカーからするとパワー感がいまいちなところがありました。また、低速~中速域でのトルクがもう少しあればと以前から思っていた所、ネットの記事でデジテックのレビューを見つけ、休みの日に連絡した所、当日に施工いただけるとの事で伺いました。施工は一時間くらいであっけなく終わり、帰りの道でのアクセルを踏むのが凄く気持ち良かったです。ボアアップして少し排気量が増えたのでは?というくらい中低速のトルクがアップし、低速域でのもたつきが無くなりました。施工して本当に良かったです。金額も古い車と言うことで、当時の金額から大分安くなっていたのもポイントでした。

Porsche 958 Cayenne Turbo(K様)
ECUチューニング後の感想ですが、低速から中低速に掛けてのアクセルワークがスムーズになり、軽くアクセルを踏むだけでもあっという間に100kmと言う感じです。アクセルを踏み込むとあっという間にスピードが出ます。

Porsche 996 Turbo(Y様)
街中で常用される低回転域からしっかりパワーとトルクが出ていて、回せば速いです!元々コンピュータは他社で施工されてたマシーンでしたが、デジテック ecu の施工で更に扱いやすく速い車になりました!ありがとうございます!

Porsche 997.1 Turbo(T様)
初めて利用させていただきました。手頃にできるポルシェチューニングを探したところデジテックさんにたどり着きました。チューニングするにあたり、事前の確認事項など丁寧に教えていただきました。施工後の注意点も教えていただき安心しました。車自体も街乗りの快適性に加えて、高速走行時のブーストのかかりかたなどとても良くなりました。今後ともよろしくお願いいたします。

Audi 8V S3(M様)
他社のECUチューニングを施工していたのですが、ノーマルよりはいいが、高回転域でのパワー感など少し不満を持っている中、知り合いからDeji-Tecを施工し非常に良いという評判を聞き施工いただくこととしました。施工後、低中速はもちろんの事、レブ直前での伸び、パワー感が別物となり非常に満足をしています。今回は標準データの施工をお願いしましたが、機会があれば現社セッティングをお願いしたいと思っています。

Mercedes AMG C117 CLA45(O様)
走りがスムーズになり運転しやすくなりました。有難う御座いました。次回又お願いします。

Porsche 981 Cayman GT4(N様)
吸排気はノーマルでの施工。ゼロ発進からトルクが違い、中間から高回転まで全域にわたり淀みなく回るようになりました。ノーマルもストレスは無かったですが、もっと綺麗に回るような感じがします。981GT4は元々かなりパワーセーブされているようですので、今回施工して頂いてエンジン本来のパワーが発揮されたように感じます。

Porsche 997 Turbo(H様)
最大出力がどれくらい上がるかに目が行きがちですが、個人的には低速〜中速でのトルク感が豊かになった事の方が乗り味に大きく影響するなぁと思いました。自分の車は5速トルコンATで、高速での合流や再加速でのモッサリ感が有ったのですがDeji-Tecを入れてから全く別の車のように感じるほど反応が鋭くなりました。チューニングの効果はオーナー自信が最もよく分かると思います。自分もショップから出て信号一つ通過する前に違いが実感できました。体感1300回転からの過給圧の上がり方、パワーの出方が全然違います。「なんでもっと早くやらなかったのだろう」と思うくらい感動しました。街乗りでの使いやすさは前述の通りなのですが、ピークパワーもすごくなりました。抜けの良いマフラーと純正交換タイプのエアフィルターを着けていますが、今後の事も考えて純正マフラー用のデータを入れていただいたところ、最大過給圧が1.2barでかなり踏まないと到達しなかったのが軽々と出てしまいました(笑) お店の方々も親切で、「バブリングを静かにして欲しい」や「ピークパワーよりも中低速の使いやすさを重視したい」などこちらの要望を伝えると出来る限り応えてくれます。私的には以下に当てはまる方は施工して絶対後悔しないと思います。・低速のモッサリ感を感じる ・ターボがまわるまでタイムラグを感じる ・街乗りを最もスムーズにストレスなく走りたい ・ピークパワーが欲しい。個人的にはかなりオススメです。値段は安くありませんがその価値が大いにあります。

BMW E84 X1(S様)
中古で安く手に入れた2011年X1 E84 25i!3000ccある割には、出だしも、伸びも、もっさりしていて、イマイチのため、ECUの書き換えをお願いしました。場所は、環七道路沿い。最初は場所が分かりづらく、通り過ぎてしまった。書き換えの所要時間は約2時間。元々、218psの車であったが、書き換え後は、OBD2-Dash Command(アプリ)を使用して測定したところ、何と265psまでアップしてました。(ただ、このソフトどこまで信用できるかわかりませんが)体感的にも、もっさり から キビキビへと生まれ変わりました。digitech のステッカーも前後に貼り付けて、毎日走っています♪この値段¥であれば、お勧めできますね!

Audi F5 A5 Sportback(I様)
メーカー・車種についての知識も豊富で安心して任せることが出来ました。結果は大満足です。ノーマルで不満だった走り出しのモッサリ感、アクセルレスポンスの悪さが解消されとても乗りやすくなりました。低速域からトルクが増したのが実感できてノーマルと同じ感覚で踏むとスピードが出過ぎるほどです。変速ショックも軽減されたように感じました。押さえつけられていた本来の性能を取り戻せた感じで益々愛着が湧きました。ありがとうございました。

Mercedes Benz W211 E63AMG(S様)
施工して10年経ちますが、トラブル全くありません。ディーラー車検でも問題ありませんでした。当時、デジテックセンター東京さんで施工の帰り道、トルクアップもバワーアップも明らかに実感し、一般道でも高速道路でもぐんぐん加速する様になり感動したのが忘れられません。パワー計測でUP値通りアップしましたが、それ以上のパフォーマンスしてくれています。そこそこ踏むのですが燃費も少し良くなりました。今でも楽しく安心で施工してよかったです。大満足していますありがとうございました。

Ferrari 458 Spider(I様)
ECUチューニングとバブリング施工をしていただきましたが、バブリングに関しては、理想的なサウンドになるまで、調整内容もご提案していただいて、5.6回ほど書き換えを行っていただきました。 施工していただいたスタッフの方々は非常に丁寧で親切でした。施工の前後での効果や仕組みも詳しく説明していただき、知識も増え、安心して任せることができました。全体的に、満足いく施工でした。今後もこちらの店舗を利用したいと思いますし、友人にもぜひおすすめしたいと思います。

VW Golf 6 R(U様)
過去に997タ-ボを施工していただき 体感UP 馬力UP 故障無だったので 日常使用のゴルフRも施工していただきました。施工前 施工後 2度にわたり自腹でパワ-チェックしましたが 馬力トルクともにUP 馬力はノーマル273PSに対し約39馬力UPの312PS 現行モデルにも負けません。その後10年乗りましたが施工に起因する故障もゼロでした。また機会があれば次の愛車も施工していただきたいです。

Abarth 595 competizione(Y様)
ベースグレードからコンペティツオーネに乗り換え、レコモンが手に入ったのを機にかねがね考えていたDigi-Tec社のROMチューンを導入。コンペのノーマルモードでは非力な中低速も力強くなりノーマルモードだけで十分と思われるほどに性能向上。で、スポーツモードはどうなの?って事でスイッチONしたら、ルパンフィアットのスーパーチャージャーONのシーンを思わせる強烈な加速。スゴイ…w施工前の説明も丁寧の上、5年以内1回限りではあるけど車検等対応でROMの書き戻しも対応してくれるとのこと。まさに至れり尽くせり。バブリングも同時施工して貰ったけど触媒大丈夫かな?w

Alfa Romeo Giulietta Quadrifoglio Verde(E様)
この車にはDNA(ダイナミック/ノーマル/オールウェザー)というドライブモードがあるのですが、施工前の「ダイナミック(スポーツ)」と施工後の「ノーマル」が同等になったような感覚で、イマイチなレスポンスだった「ノーマル」での街乗りもキビキビと走れるようになりました。初めての外車なのでトラブルが起きる可能性のあるサブコンではなくECUチューニングを選択したのですが、おかげさまで東京→九州をノントラブルで走破することができました。施工時間はショップに持ち込んでからわずか30分くらい。信頼性、費用対効果が高いチューニングだと感じています。

Audi 8V S3(E様)
この車に乗り始めてまず気になったのが油温の高さ。メーカーが設定してるのでそこが原因で壊れる事はないにせよ同型エンジンのゴルフR等のオーナーでも気になってる人が多く、私も国産車メインではあるもののショップで整備士をしておりますので、構造上ECUのセッティングで下げられるハズなのになと思ってました。ある時他社のECUチューニングで油温が下がったとのレビューを見てやはりとは思ったのですが、そこのはパワーアップの度合いから耐久性に不安を感じ躊躇してた時に程好くパワーの上がるDigi-tecさんを知り早速連絡させて頂いて要望を伝えた所、丁寧に対応と説明を頂き納得、オプション含め施工させて頂きました。結果、渋滞ノロノロでも油温水温共に狙った-5~-10℃あたりの温度で落ち着き、踏めば吹けは明らかに鋭く、体感ではありますが公表値通りと感じるレベルの加速をしてくれますし、電スロの制御も少し手が入ってるのか定かではないですが低速でもトルクアップしてる感じで乗りやすく、とにかく満足です。長文となりましたが施工を検討してる方の少しでも参考になればと思います、ありがとうございました。

Abarth 595 Turismo(N様)
インストールしてすぐの感想です。街乗りで、トロトロ運転の時は、あまり恩恵はないのですが、通常の走りの時は、ノーマルの1~3速のもっさり感はなくなりました。高速道路も走ってみたのですが、ノーマルモードでも、高速道路も十分に行けました。スポーツモードでは、かっ飛んでいきそうな楽しさと期待がありました。エンジンが元気になった感じ?解放された感じ?がします。後ろから追い風が吹いているような加速感が味わえます。99,000円で工賃・消費税込みでこの値段は、コストパフォーマンス高いと思います。もっさり感に悩んでいる人に、ぜひおススメです!

Mercedes AMG W177 A45S Edition 1(N様)
低速からトルクアップが感じられ、それに伴ってシフトタイミングも変わったと思います。普段の街乗りでもさらにトルクフルで乗りやすくなったのではないかと思います。作業時間は大変スピーディーで迅速にご対応いただきました。ありがとうございました。

Peugeot 207 GTi(M様)
今回、スロットルレスポンスの改善をしたくDigi-Tecを施工しました。お店を出てすぐにノーマルECUとの違いを感じられ、アクセルの踏み込み量に合わせて車が加速してくれます。普通に走る分にはアクセルの踏み込み量が減るので、ストレスなく燃費運転ができますが、踏み込めばその分加速するためその分燃費は悪くなります。私の走り方ですと、車の燃費計では市街地で約1~2Km/L、高速では約3~5Km/Lほど燃費が良くなりました。これまでモッサリした加速からしっかり加速してくれるようになり、アクセルコントロールが楽になりメリハリのある走りができるようになったので運転が楽しくなりました。Digi-Tecを施工して良かったです!

Porsche 997 Carrera(K様)
マフラー中間ストレートと一緒に施工していただきました。友人の997カレラSより吹け上りが鋭く加速で負ける気がしません。

Porsche 987 Cayman(A様)
施工直後、渋滞真っ只中。1速アイドリングでストールするはずの速度でも粘る。気難しさが無くなった。サーキットに持ち込みました。奥で曲率が上がる苦手なコーナー、施工前は中回転域のトルクが薄くて失速気味だったのがスキッド音が維持できる。全開だと元気一杯に回る。大満足です。987後期の皆様是非!

Mercedes Benz W246 B180(I様)
施工後イグニッションをONにした瞬間からトルクフルになった感じがしました。走り出してからはさらに実感でき、今まではスロコンをスポーツプラスにしてましたがエコモードで充分です。施工して良かったです。
ありがとうございました。

Abarth 595 Turismo (S様)
これまでは様々な外車を乗って来たが、排気量3リッター未満の車両は、アバルトは初。当初の試乗では、595のツーリズモとコンペティツィオーネの両方を試したが、どれもパワー不足を明確に感じました。エンジン廻りの仕様が同様であるので、革シートを持つツーリズモを改造前提で購入。購入後に感じた最大な問題は、やはり発進時の鈍さと2500rpm以下に於けるアクセルのリスポンスの悪さ。後者は意図的なドッカン ターボ演出の可能性も考えられますが、基礎排気量が低い上に大きめのターボタービンを付けているのも一因でしょうか。うちのもう一台の車は580psのイタリヤV8ということもあり、運転感覚のギャップはあまりにも大きかったのです。今回は、メーカー保証が切れて、随分前に予定しているECU書き換えを決行しました。マフラーを純正レコードモンツァに変えている以外、特に仕様変更もなかったので、標準ROMの適用が可能ってことで、施工は僅か30分で完了。担当者の方はコンピューターの学習により効果が現れるのに少し時間が掛かると仰ったのですが、走り出して20秒でもう違いを確信しました。自分はDigiTech東京に遠くない処に住むが、訳があって、平日は、60km以上は必ず走ります。施工から一週間ですが、距離計で言うと400kmが経過しました。報告をとしては、
– 排気量が上がった様な、馬力もトルクもリスポンスも全面的に著しく改善。
– 前述の発進時の鈍さが消え、ターボラグが気にしない程度に収まり、アクセルの踏み方は昔に所有したBMW 335iを思い出す。
– トルクが上がった為、登り坂では、元々3速が入れないか登れない処でも今は3速でも平気、この位の差。
– 高速道路での再加速は更に余裕を感じて、踏めば、勢い良くメーター読み2に行ける。
– 排気音から判断して、これ以上にパワーを出したら今のマフラーは持てないと感じる他、FFの特性も考えると、ワイドボディ改造を敢行しない限り、これだけでもう惜しみもなくポテンシャルを発揮していると感じる。サーキット競技もしない限り、エアインテーク周りの改造必要性も無くなっている。
– 代わりにエンジンブレーキの効き目が大分弱まった。下り坂の他、これを車速調整用途に使う場合、残念ながら足プレーキを使う頻度が増える。
– 上記の欠点にもいい効果の面がある。アバルトは5速しかない為、120kmhからは、もう1速足りないと感じられる。純正ではエンジンブレーキの効き目が強いので、ハイペース巡航の際に踏む量が一定でないと車速が保てない事を意味するが、今は大分改善され、スムーズさが増え、燃費アップにも繋ぐ。
– 自分の場合、高速8割(常に突撃モード)、残りは混む市街地の使い方ですが、純正の時はリッター11kmだった処、今は12kmになり、パワーアップなのに燃費も改善されるという摩訶不思議。なお、私は原則、スポーツモードしか使わない為、ノーマルモードへの影響は今の処、不知。
– 補足としては、純正ターボ計の読みでは、ターボ圧は前より上がり易くなり、最大時は1.6Barに行くが、水温計は従来通り、特に負担を掛けた様には見えない。但し、純正のP Zero Neroタイヤではスピンが更に多発する様になったので、せめて前輪だけでもPS5へ切り替えるか検討中。
こうも長いレポートを書きましたが、自分の様な煩い野郎でも、ほぼ文句無しに大満足していると読んで頂ければ何よりです。担当者の方は車検時でもエラーなどが出ないので問題ないと教えて頂いたが、メーカー保証期間中に施工するかは各自の判断でお願い致します。個人的な意見ですと、メーカー純正ECUの設定はあまりにも控え目の車種であれば、早期の書き換えの方がストレスから解放されるので、甲斐が特に大だと思われます。
なお、公務員の方々の注意力を惹かない為にも、バブリング改造を控えた方が身のためになると私は思います。勿論、しない方が燃費も良くなります。燃料タンク容量が小さい車種では、これは助かります。ガソリンスタンド親衛隊は決して良い体験ではありません。

Porsche 997 GT3 (T様)
以前F430でチューニングしてもらって調子が良かったので又お願いする事にしました。スポーツキャタライザー用のマップも用意されているという事で1時間程度待っている間にチューニングが終わりました。帰りの道は混んでいてあまり回転を上げれなかったですが4〜5000回転のレスポンスとパワーがアップしてました。

Audi 8U RS Q3(R様)
デジテック大阪さんにて当日のうちに施工していただきました。最初の一踏みからトルクに溢れて幸せな加速を手に入れました。本当にありがとうございました。

Abarth 595 Competizione (S様)
気になっていた発進時のもたつきが改善され、中速時の加速もパンチが増し、非常に楽しい車になりました。郊外での走行が殆どですが、気持ちよくある程度のスピードを出し、スコーピオンモードで6.9リットル/100km(メーター表示)で、燃費面も満足です。迷われているなら思い切って施工された方が良いと思います。おすすめです。

Mercedes AMG S205 C43 (H様)
施工から2か月が経過しました。排気量が大きい為トルクは十分でしたが、レスポンスがわるい場面がありました。TUNING後はどの速度域からでも思った通りの加速をするようになりとても満足しています。トルクが増えた為かわずかですが燃費が良くなったようです。バブリングもアクセントとなり運転が楽しくなりました。

Peugeot 308 T9 1.6 Blue HDi (I様)
少しパワーが物足りなかったのでブーストupをした事で気持ちよく加速します。

MINI F55 Cooper S(N様)
新車で購入後、ノーマルで乗り続けていましたがDigi-Tec ECUチューニングをしてからはグリーンモードでも十分以上の加速をする様になりました。スポーツモードではアクセルに対しての反応が格段に鋭くなり、別の車に乗り換えたかと思うくらい楽しい車になりました。想像以上の効果があったので施工して本当に良かったです。

Mercedes Benz S205 C180(F様)
施工後の帰路でエコモードのもっさり感が多少改善されたのが体感できました。スポーツモードでははっきりとブーストアップ効果が感じられました。エアクリ、マフラーノーマルでここまで体感出来るとは驚きです。燃費がどうなるか????

Porsche 718 Cayman S(T様)
納車後、すぐに施工していただきました。ノーマルがどうだったか分かりませんがポルシェはあまり、馬力をあげる幅が小さく、さらに金額もその割には高くどうかなと正直なところ思っていました。それを大きく裏切り、ノーマルモードももちろんですがスポーツ、スポーツプラスにすれば馬力のみならずトルクが太くなり、そこにポルシェのハンドリングが加わると素晴らしいレスポンスになりました。これからも、楽しいポルシェライフを満喫したいと思います。ありがとうございました。

FIAT Panda Cross 4X4 (N様)
Twinairエンジンは意外や高速道路の走りは良いです。パンダクロスの四駆は他の2駆モデルより車重がやや重く、トランスミッションもローギヤドなので、クラッチのアイドリングタッチの発進パワーモードでもやや苦しかったですが、Digi-TEC ECUチューニングをしてから、アイドルタッチはパワーモードなら2速でもできますし、スピードに乗ってしまえば、排気量を疑う加速性能を発揮します。ノーマルベースで触るならDigi-TEC ECU チューニングが1番良いのではと思います。ありがとうございました。

Audi  8S TT 2.0TFSI(I様)
加速の余裕があって運転が楽しい

Alfa Romeo 156 2.0JTS(Y様)
施行してから1ヶ月経ちました。効果は、施行後すぐに感じました。全域にわたってトルク感というかパワー感が上がります。実際にもトルク・パワーともにあがっていると思います。6000回転以上回して加速すると、2.5LV6並の加速をします。数字上のウエイトレシオもほぼ同等かと思います。アクセルを施行前の感覚で踏むとすごい勢いでパワフルに回転が上がります。それゆえ、よく回るようになったように感じますが、感覚としてはツインスパークのようにヒュンヒュン回るというよりかパワーと共にヒュイーンと回る感じです。施行前は、街乗りで2000〜3000回転くらいでギアチェンジしていましたが、施行後は2000回転以下でギアチェンジするようになりました。それから、施行前はやや回転を上げて発進しないとエンストしがちでしたが、施行後はほとんど意識することなく普通に繋いでもエンストしなくなりました。アイドリングの少し上から使用可になったという感じです。燃費については、まだ施行前施行後と比べるほどデータは揃っていませんが、表示燃費は確実に良くなっています。社外マフラーを付けていて結構な排気音はしていたのですが、施行後は排気音が静かになりました。全てにおいて良くなりますので、運転するたびにうれしくなります。施工する価値はあると思います。でも、施工しなくても楽しく乗れるので、そこをどう考えるかだと思います。まあ、カスタム全てに言えることかもしれませんが。

Abarth 595 Competizione(M様)
純正スポーツモードのアクセルレスポンスの過敏さに課題感を感じており、普段街乗時はノーマルモードを使用していたものの、発進時のもっさり感や出足の遅さに課題を感じており、それを改善するために実施しました。実施後はノーマルモードでも低速低回転からトルクフルになり純正ギャレットタービンの特性(演出?)のどっかんタービンも改善されました。絶対的なピークパワー•トルクより、大幅にドライバビリティが改善したことによる乗りやすさやドライバビリティの向上含め対費用効果は非常に高くおすすめのチューニングと考えています。

Mercedes Benz W176 A180(T様)
スピードにのるのもスムーズになってもどかしさがなくなりました!やって良かったです。

Abarth 595 Turismo(K様)
ECUチューニング後は、TurismoからCompetizioneのパワーに変化した感覚です。チューニングの翌日にははっきりと違いが感じることができるようになりました。ノーマルでも以前のスポーツモードのパワーです。トルクが大きくなり、坂道でのモタモタ感が解消されました。気持ちのいい走りです。

Ferrari F430(K様)
ツーリング時、同じ車種の排気音と明らかに違うと仲間が言ってました。確かにパワーアップした感じです。

Alfa Romeo Giulia Super(I様)
アルファロメオ ジュリアスーパーに施工しました。車両購入時にスーパーかベローチェか迷った挙句、内装を優先しスーパーを購入。パワー面はデジテックに最初から頼ることにしていました。結果、大満足です。デジテック東京までは東名高速を利用しましたが、往復でのレスポンスは全くの別物。帰りは笑いが止まらず施工を心底喜びました。